MENU

一度食べたら忘れられない!雪解けのようなルタオのチーズケーキ『ドゥーブルフロマージュ』を実際にお取り寄せして徹底レビュー

LeTAOルタオの代表的チーズケーキでもある『ドゥーブルフロマージュ』。名前を何度も耳にしたことがある人も多いのでは。今回はメディアで度々取り上げられるLeTAOルタオの人気のチーズケーキを実際にお取り寄せして、食べてみた様子を写真を添えて分かりやすく徹底レビュー。

まだ食べたことがない方も、LeTAOルタオの『ドゥーブルフロマージュ』の特徴を知って購入を検討してみてくださいね。

目次

LeTAOルタオとは?

LeTAOルタオとは北海道小樽市にお店を構える洋菓子店。観光の中心地であるメルヘン交差点に位置し、シンボルとなるように大きな塔のような店舗を作ったそうです。

LeTAOルタオの由来は、「親愛なる小樽の塔」という意味のフランス語である「Le Tour Amitie’ Otaru」の頭文字と小樽の地名に愛着を込めてアレンジを加え、ルタオLeTAOと名付けたのが始まりでした。

傑作と呼ばれる美味しさをつくり出すこだわりとは?

おいしいチーズケーキを作り出すために常に世界中の厳選された素材選びや探究を続けているLeTAOルタオのパティシエの方々。

『ドゥーブルフロマージュ』は北海道産の生クリーム、小麦、卵を使用していますが、もっと美味しいものを提供したいとの想いから、巡り合ったのが、イタリア ロンバルディア地方で作られたアンブロージ社のマスカルポーネチーズだったそう。

豊かな風味を引き出し、独自製法で作り上げた生クリームを加えることで絶妙なミルク感を作りだしています。この生クリーム自体も、素材を生かすために成分が整っておらず、一般的な生クリームに比べて劣化スピードが速いのが特徴。

混ぜ具合や温度管理も職人の技が必要な繊細な素材を扱っています。素材や製法にこだわり作り挙げられたのが傑作と呼ばれる美味しさの『ドゥーブルフロマージュ』。

ホームページ上にはLeTAOルタオのこだわりがより細かく記載されています。ここでは一部抜粋したので、気になる方は公式ホームページも読んでみましょう。

LeTAOルタオの『ドゥーブルフロマージュ』の詳細

原材料名

生クリーム、クリームチーズ、砂糖、全卵、マスカルポーネチーズ、小麦粉、卵黄、ゼラチン/安定剤(ローカストビーンガム)

栄養成分表示

製品100gあたり(推定値):熱量350Kcal、たんぱく質5.9g、脂質27.4g、炭水化物20.1g、食塩相当量0.2g

エネルギーの割に炭水化物がやや少なめで、脂質が高め。糖質制限されている方にとっても気軽に食べやすいのがチーズケーキの魅力です。チーズなど多くの乳製品を使った洋菓子の特徴ですね。

商品の値段&送料

商品の値段は1728円(税込)で、送料はクール代込で890円です。

公式オンラインショップでは送料無料特集のカテゴリーも設けてありますので、お得に購入しやすくなっています。

保存方法&賞味期限

10℃以下の冷蔵庫内で解凍し、大体5~8時間程度で食べられる状態に。夏季や冬季、冷蔵庫によってもやや異なるかもしれません。

保存方法は冷凍庫内。解凍後は冷蔵庫で保存し、解凍開始後48時間以内に食べきりましょう。

賞味期限は冷凍保存の状態で、到着日から約5か月以上。美味しいチーズケーキをいつでも好きな時に食べたいと思っている方にとっては、2~3個同時注文して保存しておくのもおすすめです!

LeTAOルタオのチーズケーキ『ドゥーブルフロマージュ』の口コミや評判

ここでは、LeTAOルタオのチーズケーキ『ドゥーブルフロマージュ』の口コミや評判についてインターネット上で調べてみました。

代表的なものを一部抜粋したので、他の人の意見も購入前の参考にしてみては。

LeTAOルタオのチーズケーキ『ドゥーブルフロマージュ』のポジティブな口コミ

「ふわふわで、話題になっていたチーズケーキでしたが、食べる価値ありな一品と言われるほど完璧な口当たりとくちどけ。甘すぎず、重たすぎずたくさん食べれてしまう。」
「冷凍保存で何週間ももつのが魅力。忘れた頃に食べたくなる。」
「粉がこぼれややすいがなぜか食べやすい。安定な味。」
「白と黄色の内側の2層のハーモニーがチーズのコクとミルク感を引き出してくれて最高!」

といった意見が多くありました。一度食べてみると忘れられない味のようです。

LeTAOルタオのチーズケーキ『ドゥーブルフロマージュ』のネガティブな口コミ

全体的に悪い評価は見当たらず。チーズケーキは好き嫌いが分かれやすいですが、ここまで人気の商品で悪い評価が目立たないのは珍しいでしょう。

あえて一部の悪い評価を挙げるとすれば、
「期待値が高かった分、チーズ感が薄くてガッカリ。」
「甘さが抑えられすぎていて、もっとパンチをきかせていても良いのでは?」といった意見が。

もともと素材の味とミルク感を引き出したスイーツなので、チーズ感や甘さを薄く感じてしまうのは致し方ないかもしれませんね。

実際にお取り寄せして食べてみた感想を徹底レビュー!

ここでは、LeTAOルタオの代表チーズケーキ『ドゥーブルフロマージュ』を実際にお取り寄せして、パッケージを含む外観からケーキの味まで写真を添えて解説していきます。

見映えも重要!パッケージやケーキの見た目をチェック

商品はショップ専用段ボールで梱包されクール冷凍便で到着。届いた時点で、すぐさまLeTAOルタオの商品だと一目瞭然です。受け取った側も、お店の名前を知っていれば中身の期待が膨らむでしょう。

段ボールの中から全て出してみたところ。パンフレット2枚と専用ショップ袋が同封されていました。

「必ずご確認ください」と書かれたパンフレットには、『ドゥーブルフロマージュ』の美味しい食べ方などが記載されています。美味しい食べ方は、公式サイトでも確認することができますよ!

小さい方のパンフレットを広げてみると、北海道にある店舗の写真と共にLeTAOルタオの
こだわりが書かれていました。今でも北海道素材を最大限引き出すために、美味しさのクオリティを高めるレシピ開発をしているそう。今後も楽しみですね!

外装を凍っている状態で取り外し、お皿に盛り付けて5時間冷蔵庫で解凍後のケーキ。写真のようにボソボソした粉チーズのような状態になるのか不安でしたが、解凍後は写真そのものの状態に! まるで、ふわふわっのパウダースノーが積もったようです。

サイズは、直径12cm×高さ4.5cm。

きれいな断面を撮影したかったので、温めたナイフで切ってみました。パウダースノーのような粉部分を含め3層生地。切った感触は柔らかく滑らかで、今までのレアチーズケーキでもないほどでした。粉がホロホロ崩れるのではと心配しましたが、案外ケーキ本体にしっかり付着してくれています。

きれいな見た目を保ちたい方は、ナイフを温めてから切るのがおすすめ!

切ったケーキをお皿にのせてみました。お皿に盛る際に手でケーキを支えた跡がついてしまいそうなほどの柔らかさ。半解凍の状態の方が上手に盛り付けできそうですね。

肝心なお味とは?

ヒメフォークで生地を切るところを撮影しました。フォークをのせた時にもふっと沈み込むようなふわふわ感。押し進めていくと、吸い込まれていくような感覚を感じます。

ヒメフォークでひと口サイズに切ってのせてみたところ。粉になっている部分を横に傾けてもほろほろ落ちてしまうこともありません。

ひと口食べてみると、一瞬でとろけていつの間にかケーキが消えてしまいました。口当たりは滑らかで、甘すぎず重すぎず、しっかりとしたコクを感じることができる絶妙な味わい。一度食べたら忘れられないほどのくちどけ感ですよ!

粉の部分は粉チーズのように深い香ばしいチーズの香りがします。3層の内の白い部分はまるで生クリームを食べているよう。ほんのりチーズの香りがしますが、ミルク感が豊かで軽い口当たりです。3層の内のやや黄色味がかった部分は、白い部分に比べてよりチーズ感を出した味わい。

2つの層と粉が合わさると、たったひと口で至福のひとときを感じることができちゃう、ふわふわっでとろけるチーズケーキです。

シンプルで軽い口当たりで甘すぎないチーズケーキが好きな人向けの一品


LeTAOルタオのチーズケーキ『ドゥーブルフロマージュ』は、甘すぎず、濃厚過ぎず軽い口当たりが特徴のチーズケーキです。

口に入れた瞬間にとろ~っと消えて無くなってしまうほどのくちどけ感なのに、チーズの香りと深いコクを感じることができる絶妙な味わい。ほろほろした粉も美味しさの秘訣のひとつ。チーズの香ばしい香りがし、チーズ感をプラスしてくれますよ。

すぐにとろけてしまい食べ進めやすいので、ホールケーキでも2~4人に適したサイズ感。軽めのチーズケーキが好きな方にとってはおすすめの一品です。

LeTAOルタオのチーズケーキ『ドゥーブルフロマージュ』には、ほかにも北海道苺と使用したものや、ショコラ味もあります。3種食べ比べもできるセットもあるので、気になる方はぜひ一緒に購入してみてはいかがですか。

ドゥーブルフロマージュの購入はこちら

北海道苺のドゥーブルの詳細はこちら

ショコラドゥーブルの詳細はこちら

ドゥーブル3種セットの詳細はこちら

目次
閉じる