MENU

小麦・卵アレルギーでも食べられる!濃厚爽やかなミルクのコクが楽しめる土田牧場の『ジャージーレアチーズケーキ』を実際にお取り寄せ&食べて徹底レビュー

秋田県仁賀保高原にある土田牧場の人気商品の『ジャージーレアチーズケーキ』。土田牧場を聞いたことがなくても、「ジャージー牛」なら聞いたことがある人もいるのでは?

この土田牧場のチーズケーキは、観光で訪れた方が必ずと言っていいほど購入していくほどの人気No.1商品。この味を求めて再度FAX注文される方もいるそうです。

そこでここでは、土田牧場の『ジャージーレアチーズケーキ』を実際に購入して食べた感想を写真と共に徹底レビュー! 購入を検討されている方や興味がある方も、ぜひこの記事を参考にしてみて下さいね。

目次

土田牧場の『ジャージーレアチーズケーキ』を食べてみて分かったこと

土田牧場の『ジャージーレアチーズケーキ』は口当たりがつるんとしたのどごしがいい、プリンのようなチーズケーキです。牛乳やチーズの深いコクを感じることができ、まるでレアチーズそのものを食べているかのような濃厚さ。素材ひとつひとつの味を大切されていることが伝わってくる優しい味わいが魅力です。

また、後味があっさりさっぱりしているので、朝食のヨーグルト代わりとしても合うケーキ。小腹がすいた夜食にもピッタリの一品です。

カップに入った個包装で小さなお子さんでも自分の手で持って食べやすく、常温で保存可能。賞味期限が長めなので手土産や贈り物としても扱いやすいでしょう。

ジャージーレアチーズケーキの詳細や土田牧場について

土田牧場とは秋田県南部の仁賀保高原の標高500mに位置しています。日本にいることを忘れてしまうほどの大自然に溢れた壮大な景観が魅力。

主にジャージー牛乳である「幸せのミルク」を中心に生産。ここで育てられているジャージー牛は、今では珍しい放牧で豊富な運動を通して育てられ、太陽や自然の恵みを受けて育った栄養豊かな牧草を食べて生活しています。

だからこそ、鉄分やカルシウム、ビタミンAなどの栄養素が驚くほど豊富に溶け込んでいるそうです。

内容量は1個68gで、プリンのような個包装になっており食べやすいのが特徴。カップの大きさは直径7cm×高さ2.5cmほどで、小さなお子さんでも持ちやすいサイズ感でしょう。FAX用紙で4個~注文可能。4個入1000円、6個入1600円、8個入り2200円(すべて税抜)です。

クール代含む送料は東北・関東方面は900~1000円(税込)北海道・関西方面は+210円。地域によって価格変動がありますので、詳しくはFAX注文用紙をチェックしてみて下さいね。

原材料名

ナチュラルチーズ(ニュージーランド製造)、乳糖を主要原料とする食品(濃縮ホエイ、植物油脂、脱脂粉乳、その他)、砂糖、油脂加工食品(植物油脂、乳たん白)、牛乳(ジャージー牛乳)、洋酒(一部に乳成分・大豆を含む)※ジャージー牛乳7%使用。

一般的にチーズケーキに用いられる小麦粉や卵が使われていないため、アレルギー体質の方も食べることができますね。

栄養成分表示

1個(68g当たり)/熱量143Kcal、たんぱく質2.1g、脂質9.8g、炭水化物11.5g、食塩相当量0.2g(サンプル品分析による推定値)

賞味期限と保存方法

賞味期限は外装箱にも記載されていますが、丁寧にカップ底にも個々に印字されています。比較的長期保存可能で、保存方法は直射日光、高温多湿を避け常温での保存。

実際に商品の到着日は2月末でしたが、期限まで約3か月もあるのが分かります。食べる前に数時間冷蔵庫で冷やすと美味しいですよ!

土田牧場の『ジャージーレアチーズケーキ』の口コミや評価

ここでは、土地だ牧場の『ジャージーレアチーズケーキ』について口コミや評判をインターネット上で調べてみました。観光で訪れた方の口コミが多い印象ですが、チーズケーキを食べたことがある方のコメントを一部ピックアップしてみました。

気になる方は読んでみて下さいね。

土田牧場の『ジャージーレアチーズケーキ』のポジティブな口コミ

「とにかく濃厚、レアチーズそのもの。」
「以前、牛乳が甘くとても美味しかったからチーズケーキも購入。やはりチーズ感が味わえてミルクの味がしっかりしてさずが牧場が作ったチーズケーキだと思った。」
「友人からの頂き物だけど、ネーミングに濃厚が加わってほしいほど濃い味が魅力。」
「昔から大好きです。値段は高めだけどそれ相応です。」

といった意見が。口コミ数自体は多くありませんが、このレアチーズケーキにも使われている牛乳がとてもコクと甘みがあっておいしいようです。

土田牧場の『ジャージーレアチーズケーキ』のネガティブな口コミ

悪い口コミはほとんどなく、唯一見つけたのが
「量とコスパがちょっと……」といったものでした。

確かに1個のレアチーズケーキの値段は250円(税抜)で内容量は68gほど。感じ方は人それぞれかもしれませんね。

実際にお取り寄せ&食べてレビュー

ここでは、土田牧場の『ジャージーレアチーズケーキ』を実際にお取り寄せして食べた感想を写真と共に徹底レビュー。
外装パッケージやケーキの見た目から、味まで解説していきます。

パッケージやケーキの見た目もチェック

商品はこのように大きなダンボール箱で送付されてきました。今回は6個だけの注文ですが、外装はやや大きめ。
要冷蔵と書かれていますが、常温のままでも問題ありません。

段ボールの中には商品のほかに土田牧場のパンフレットとはがきサイズのジャージー牛が書かれた商品の説明、次回のFAX注文用紙が入っていました。

さっそく、ジャージーレアチーズケーキを開封!!つるんとした見た目でまるでミルクプリンや充填豆腐のよう。ケーキというイメージより、チーズプリンを想像する見た目です。

カップの状態では分かりずらいので、お皿に盛り付けたところを撮影。そのままではカップから出せないので、カップ底に穴を開けてから取り出しました。

つるんとした真っ白なきれいな見た目。隅々までケーキが詰まっています。一工夫して食べたい方や、来客の際に出す場合には中身を取り出してフルーツなどを盛り付けたりしてもいいですね。

ケーキの食感と味は?

今回はヒメフォークではなく、ヒメスプーンを選択。ひと口とってスプーンの上にのせようとしたところを撮影してみました。

思っている以上にぷるんっと弾力があるチーズケーキ。蒟蒻ゼリーよりは柔らかく、プリンより固め。ちょっと手を添えないとスプーンから落ちてしまいそうでした。

口の中に入れてみると、つるんとした口当たりで、爽やかな香りが鼻を突き抜けます。レモン果汁は使われていませんが、柑橘系が含まれているようなあっさりさっぱりした後味。

チーズや牛乳の濃厚なコクも感じることができ、素材の味ひとつひとつが生きている優しい味わい。まるでレアチーズをそのまま食べているようです。朝食のヨーグルト代わりとしても食べやすい一品。

一般的なチーズケーキだと重たく感じてしまうこともあるかもしれませんが、このチーズケーキならどの時間帯でも食べやすく、小腹が減った夜食にもいいかもしれませんね!

小麦・卵アレルギーでも食べられる!朝食にも合う&どんな年代でも食べやすい一品


土田牧場の『ジャージーレアチーズケーキ』は、原材料に小麦・卵不使用でアレルギー体質の方でも食べられるチーズケーキです。

後味サッパリなのに濃厚なミルクとチーズ感を味わい。朝食のヨーグルトの代わりや小腹が減った夜食でも食べやすく、老若男女問わず好まれる一品です。

個包装で常温保存可能。長期保存も可能なので扱いやすく、外出先でのおやつなどとしても持参しやすいでしょう。

注文はFAXのみですが、土田牧場はそのほかにも乳成分の元気な殺菌方法で生産された「幸せのミルク」や、ジャージ牛と豚肉を使ったソーセージ「ジャージー&ポーク」も販売されています。いっしょに注文してみてはいかがですか。

土田牧場の公式サイトはこちら

『ジャージーレアチーズケーキ』などFAXの注文用紙はこちら

目次
閉じる