MENU

濃厚&トロトロ絶品チーズケーキ!丸安田中屋のチーズアントルメの味や食感を徹底レビュー!

長野県諏訪市にある老舗洋菓子店「丸安田中屋」で販売されているチーズケーキ 『チーズアントルメ』。濃厚でクリーミー、高級感のある味で多くの人に愛され続けている一品です。

今回は、『チーズアントルメ』をオンラインショップで購入し、実際に食べて徹底的にレビューしてみました。『チーズアントルメ』を購入しようかどうか迷っている人は、当記事を読んで参考にしてみてくださいね。

目次

丸安田中屋のチーズアントルメを実際に食べてみてわかったこと


チーズケーキを食べたいけれども、おいしくて安心できる素材の乳製品をつかったチーズケーキを食べたいと思ったことはありませんか。

そんな上質思考のあなたにぴったりのケーキが、丸安田中屋の『チーズアントルメ』。店舗を構える長野県とその周辺で生産されている上質な食材にこだわり、長い間地元のファンを中心に多くの人から愛され続けているチーズケーキです。

地元である信州産のミルクやナチュラルチーズを惜しみなく使用し、濃厚でなめらかな食感でありながら、適度な酸味があり後味がすっきり。ついフォークが止まらなくなってしまうおいしさです。

甘さ控えめなので、老若男女問わずさまざまな年代のファンがいることもあり、目上の人や大切な人への贈りものにもよろこばれています。

丸安田中屋のチーズアントルメについての詳細


丸安田中屋は、長野県諏訪市に店舗を構える老舗洋菓子店。創業はなんと江戸時代! 当初は穀物、塩問屋として営業していました。昭和時代に洋菓子店となり現在まで、地元の素材を活かしたからだにやさしいお菓子をつくり続けています。

今回紹介する『チーズアントルメ』は、同店の目玉商品ともいえるチーズケーキ。

八々岳山麓で大切に育てられた乳牛からとれた健康なミルクと、信州産のナチュラルチーズをふんだんに使い、濃厚でなめらかな食感でありながらさわやかですっきりとした後味が特徴です。

焼き目の入ったケーキ表面には、ツヤツヤのナパージュが塗られ見た目も美しく、贈答品にもよろこばれる一品です。

『チーズアントルメ』は諏訪の店舗でも販売されていますが、丸安田中屋のオンラインショップでも販売しています。

今回オンラインショップにて購入した『チーズアントルメ』は5号サイズ(直径15cm)。3〜4人で切り分けて食べるのに適した大きさです。

ケーキの本体価格は2268円(税込)。オンラインショップでの購入の場合は別途クール便の送料が1000円〜1600円(税込)ほどかかります。地域により送料は変わりますので、くわしくは公式サイトにて確認してくださいね。

ちなみに賞味期限は冷凍状態で60日間。解凍後は3日以内に食べ切ってください。

チーズアントルメの原材料と栄養成分について

健康に気を使っている人やアレルギー体質などで『チーズアントルメ』の原材料名や栄養成分が気になってしまう人もいるはず。

そんな疑問や悩みを抱く人たちのために、パッケージに記載してある原材料名と栄養成分表示を写真に撮ってみました。写真だけだと見えづらい部分もありますので、下記にまとめてみました。気になる成分や原材料がある人は必ず事前にチェックしておきましょう。

原材料名

ナチュラルチーズ(国産、デンマーク産)、生クリーム、乳等を主要原料とする食品、砂糖、卵、バター、マーガリン、牛乳、水飴、食塩 /膨張剤、ソルビトール、増粘多糖類、酸味料(一部に小麦・卵・乳成分・大豆を含む)

栄養成分表示(100g当たり)

熱量:390kcal、たんぱく質:5.8g、脂質:32.0g、炭水化物:18.2g、ナトリウム:178mg(推定値)

丸安田中屋のチーズアントルメの口コミ&評判

丸安田中屋は、長野県諏訪市ではおいしいチーズケーキのお店として、地元住民を中心にインターネット上での口コミや評判も多くありました。

そんな口コミや評判のなかから代表的なものをピックアップしてご紹介します。

丸安田中屋のチーズアントルメのポジティブな口コミ

ミルクの濃厚な味を感じることができておいしい! 濃厚&なめらかな口当たりで上品な味でありながら、甘さ控えめで適度に酸味もあり後味がさっぱりとしているという声が多くありました。

地元住民のファンのなかには「これ以上おいしいチーズケーキは、いまだ食べたことがない」と断言している人もいました。

タルト生地も厚めでサクサクした食感でバランスが良いという声も。

レアチーズとベイクドのちょうど間のようなチーズケーキだという声もあり、濃厚でクリーム感を感じられるチーズケーキが好きな人に適した一品だといえます。

丸安田中屋のチーズアントルメのネガティブな口コミ

甘さがかなり控えめでチーズやクリームの風味が引き立つケーキのため、甘味が強いケーキが好きな人には物足りないという声がありました。

おいしいけれど、タルト生地が厚いぶん包丁で切るときに砕けやすいという声も。

フワフワ感のあるケーキが好きな人やガッツリ甘いスイーツが食べたいときには向いていないようです。

丸安田中屋のチーズアントルメを徹底レビュー!

丸安田中屋の『チーズアントルメ』をオンラインショップで購入し、実際に食べてみました。その様子を写真を交えて詳しくレビューしていきます。

『チーズアントルメ』について見た目やケーキの質感&食感、味が気になる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

外装やパッケージをチェック


『チーズアントルメ』はクール便の冷凍で届けられてきます。段ボールをあけると、山吹色の外箱に、草木柄の包装紙が巻かれていました。自然あふれる長野県を彷彿とさせるさわやかで上品なデザインのパッケージです。


包装紙をとったところ。グラデーションと筆記体でかかれた商品名が美しいですね。


黄色い外箱を横にずらすと、段ボールに囲われたチーズケーキが出てきました。ケーキの上下にビニールで包装されていて、おしゃれでありながら取り出しやすくなっています。

チーズアントルメを実際に食べてみました


ケーキをお皿に載せてみたところです。焦げ目のついたチーズ生地の上にジェルのようなナパージュが塗られています。ツヤツヤで見た目も美しいです。タルト生地は厚めで香ばしく焼けています。


冷蔵庫にて4時間ほど解凍し、包丁で約8分の1にカットしたところ。冷蔵庫の機種や季節、気温などでも変化するかと思いますが、4時間冷蔵庫に入れておいて半解凍状態でした。半解凍の状態が一番キレイに切れると付属のパンフレットには記載がありました。

ベイクドチーズケーキというよりは、レアチーズケーキに近い感じ。チーズクリームの部分は半解凍でシャリシャリ&トロトロのクリームのような質感です。ベイクドのようなふわっとした感じは皆無です。

タルト部分のクッキー生地が厚いためなのか、切り方や包丁の入れ方を謝ると砕けることがありますが、熱湯にさらした包丁で、ゆっくりと切ればキレイに切れます。


ヒメフォークで『チーズアントルメ』を切ってみたところ。トロトロのナパージュとチーズ生地が今にもとろけそうです。写真だと少し分かりにくいですが、下にサクサクとしたタルト生地もあります。

気になるお味ですが、口にいれたとたん、とろりと濃厚なチーズがとろけると同時に、ザクザクと香ばしい厚めのタルト生地がフワッと口の中に広がります。チーズ生地とナパージュは甘さはかなり控えめで、わずかにレモンのような酸味が感じられます。

驚いたのが、後味に残るミルクの風味。チーズケーキを食べてチーズの風味を感じることは多いですが、ミルクの風味を感じることはほとんどありません。高級な水切りヨーグルトを食べたあとの風味に似ていて、独特のおいしさです。

この後味に残るミルクの風味から、上質なミルクを使った生クリームや牛乳、チーズを使っていることがよくわかります。素材の持っている長所が最大限活かされているケーキであるといえます。

丸安田中屋のチーズアントルメは濃厚なチーズクリームをじっくり味わいたい人にぴったり


『チーズアントルメ』は、水切りヨーグルトのような濃厚なミルク感を味わうことができる、素材のよさやこだわりを感じられる上品な大人向けのチーズケーキです。ご自宅用にはもちろん、大切な人や目上の人への贈り物にもよろこばれること間違いありません。

大きさも直径15cmとそれなりの大きさなので、大人3〜4人のグループで上品なスイーツを楽しみたい人にぴったりな一品です。

お気に入りのお茶やコーヒーと一緒に、上品で濃厚なチーズケーキを食べて大切な人と楽しいひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

『チーズアントルメ』の購入はこちら

目次
閉じる